女の子を食事に誘う方法は大体こんな感じ

「ちょっとおいしいラーメン屋見つけたんですけど、お腹すいている人、よかったら食べに行きませんか?」
出会い系サイトを利用して、女の子を食事に誘いたいと思うなら、こういう書き込みって結構重要です。
重要っていうか、効果があるんですよ本当に。
こういうメッセージを掲示板上に書き込むと、返事のコメントをくれる人が必ずと言っていいほどいます。
出会い系サイトを利用している会員は本当に数が多いので、少なくとも一人は絶対に話に乗ってくれる人がいますよ。
食事に誘うなら、こういうことを掲示板上に書き込む時間にも注意が必要ですけど、食事に付き合うだけだったらいいかなって、本当に軽い気持ちで乗っかってくれる女の子はいます。

「おごりならいいですよ」みたいなコメントが来たら、
「もちろんおごりです」というふうに返すのが当たり前です。出会い系サイトを利用して出会いが欲しいというのであれば、男として最低限の気前のよさみたいなものは必要です。
もちろん、まだ親密になる前の段階だったら、相手に気を遣わせるのが嫌だから自分の分は自分で払いたいというふうに考える女性だっていますが、たとえそういう女性と一緒に食事に行った場合でも、支払いの際にはとりあえず「おごるという姿勢」を見せるようにしましょう。

そうすることで、最終的にはどういうふうになったかということに関係なく、この人は始めから食事をおごってくれるつもりで私のことを誘ったんだ、ということが相手の女性に伝わります。
おごるつもりだったという気持ちが伝わるだけで、相手の女性に与える印象というのは、実はかなりよくなります。
この人おごってくれるつもりだったんだ……でもそれはさすがに申し訳ないから、今回は私が自分で払おう。
というふうに女性が考えるのと、男性の側が始めから全くおごるそぶりを見せず、女性が自分の飲食代を支払うのを普通のこととしてみていると、こいつは初めからおごるつもりなんてなかったんだな……まあ確かに、ご飯代くらいは自分で出すけどさ。
というふうになって、女性に与える印象はかなり悪くなってしまいます。

非常に厄介なのは、(特に乙女心とかがよく分かっていない男性にとって厄介なのは)多くの女性は、たとえ自分が何か不満に思ったことがあったとしても、それを絶対に顔や声には出さないということです。
だから、実は女性が怒っているのだということを、鈍い男性は気づくことができないわけです。
そうやってどんどんと好感度を下げていきます。
ここでもし女性に対してよい印象を与えておくと、食事に誘うチャンスが一回きりで終わるのではなくて、二回目以降も素敵なチャンスがあるかもしれないのです。

特に出会い系サイトを利用した出会いでは、メールのやり取り以外に相手に印象を与えられるチャンスというものが少ないので、例えば食事に行くチャンスの時みたいに、相手に直接あって話をする機会というものが与えられたら、そのチャンスを逃さないように、相手に少しでも良い印象を与えられるように努力しましょう。

けっこうね、食事に誘うことくらいだったら、少なくとも一回目くらいは簡単に誘いに乗ってくれるものなんですよ、特に出会い系サイトを利用している女の子たちは、セフレを求めているわけですから、一回付き合うくらいだったら別にいいよという感じですね。
これは食事に誘う場合に限らず、例えば一緒にカラオケに行こうと誘った場合とかも同じです。

「誰かお腹すいている人、俺と一緒にご飯食べに行きませんか?」
というコメントを書き込む際は、一つポイントがありますね。
ただ「お腹すいている人、一緒にご飯食べに行きませんか?」
ということを書き込むのではなくて、何を食べに行くかということを相手に自由に決めさせるんです。
だから「何でもご飯おごるよ、お腹すいている人、一緒にご飯食べに行きませんか?」
というふうに書き込んでみるのも一つの方法です。
人によっていろいろな書き方があると思います。

また、一人の子がまず釣れるまで、あきらめずに何度も同じようなことを書き込むんですよ。
出会い系サイトを利用している人は男女ともにとても数が多いので、一度でうまくいかないからといってあきらめないでください。
また、食事に誘うコメントを書き込む際、上から目線みたいな書き方は絶対にダメですよ。
へりくだり過ぎても逆に気持ち悪いかもしれませんが、普通に会話していてちょうどいいくらいの感じを心掛けましょう。

また、一回食事に誘ってたまたまオッケーの返事をくれた女の子がいたからといって、ひょっとしたら子の子は俺に気があるのではないかというふうに勘違いする男性もよくいますが、そういう先走りすぎた勘違いも絶対にやめましょう。

確かに、出会い系サイトを利用して誰か女の子を食事に誘った時、オッケーの返事をくれる女の子がいたとすれば、自分はその子に嫌われていないという子とは言えると思います。
女の子という生き物は、嫌いな人間は徹底的に無視します。
本当に嫌っていたらメールのやり取りもしないんです。
一緒に食事に行くなんてもってのほかで、でもだからと言って食事の誘いにオッケーしてくれたからといって、その子とすぐにでも恋人同士の関係を始められるのかというとそういうわけではありません。
その人に自分は嫌われていないのだというだけであって、決して好かれているわけではありません。
女の子が男性を見る目はとてもシビアなので、そう簡単に誰かのことを好きになったりはしません。

食事に行くことが決まった後も、男性は気を抜くべきではないですね。
女性のシビアな目でずっと値踏みされていると思ってください。
女性は絶対にそんなことを口には出しませんが、もしも始めて食事に行った時に相手に悪い印象を与えてしまったら、二回目以降のチャンスはないでしょう。
食事に誘ってくれる男性なんて、特に出会い系サイトを利用していればいくらでも出会えますからね。
逆に、二回目も食事に誘ってオッケーがもらえたら、その女性にはかなりいい印象を与えられたのだと思っていいですよ。


セフレ

あそこを見られて興奮してしまうバカな俺

僕は基本的には知らない女性とどうこうなろうという行為は嫌いなほうでした。
ですが今回は友だちの代わりに出向いた待ち合わせ場所からの出会いの話です。
ハッピーメールをしていた友人にはセフレがいましたが、その女性ともエッチな関係を、とよくばりやり取りをしていたのですが、結局会う寸前で彼女にばれてしまい、僕が代わりに行ったのです。
セフレ
相手には顔が分からないからばれることはないと言われて、渋々行きましたが来ていた彼女が可愛くて感動した僕。
彼女は男性に慣れているというか、こうした行為を何度もしているような感じで僕にいろいろな話をしてきました。
緊張していた僕は、ただただ彼女の話を聞いていたのです。
このままご飯でも食べて終りだと考えていたのですが、彼女に誘われて行ったのはラブホテル。
正直僕は2回目のラブホテルで、緊張もマックスになってしまったのです。
彼女からのキスも、緊張のあまり何も出来ずに受身になっているだけでしたし、ズボンを脱がしてきたことで、更に驚いてしまい体まで動かなくなってしまったのです。
下半身丸出しで彼女にじっくりと見られているだけなのに、勃起していました。
「見られて気持ちいいの?」
初対面の女性に、こんなことまで言われてしまい恥ずかしくなりました。
しかし実際、触られてもいないのに勃起しているのは本当のことだったのです。
ふっと我に返り両手で下半身を隠すと、そこから彼女のフェラが始まりました。
僕の足元にしゃがんでしゃぶってくれる彼女、本当に男慣れしているようで、気持ちよくイッてしまいました。
ハッピーメールをやっていたのは僕の友人で、でも実際抜いてもらったのは僕で…
なんだかとても幸せな気分というか、彼女に悪いというか、もちろんお返しに僕もセックスでは頑張って彼女を昇天させましたが、果たしてここからどういった関係になってくのか、それともこれで終りなのか、彼女との連絡は今は僕がとっている状態です。


援助交際

もしかしなくても援助交際か?!

援助交際って何処まで相手をしていけばいのか、正直僕には分かりません。
最初は、数万円彼女に手渡ししてエッチなことをしました。
しかし次にも連絡をよこして関係を迫ってきたのです。

確かに彼女は他の女性と違い、かなりエロイ感じでセックスをしてきました。
フェラだって、音を立ててむしゃぶりついてくる感じだったし、挿入すれば自分から腰を動かしてきたのです。
Continue reading


エッチの相手

ワクワクメールでこんなに簡単にエッチができる相手が見つかるなんて・・・

出会い系サイトでは、数々の失敗や怖い思いをしたなんていう話を聞いたことがあります。ですから僕は気が小さいので、そうしたものには絶対に手を出さないようにしていました。しかし大学のある先輩にワクワクメールをむりやり勧められてやるはめになってしまいました。

「ためしにやってみな」と言われたのなら、その場では「はい」と答えても後から適当に返事をしていればスルーできたものを、彼は「いますぐここでやってみなよ、教えてあげるから」言ったのです。
Continue reading


既婚者のセフレ

既婚者同士の出会いは絶対にバレない

援助交際ではないのですが、僕はある年下の女性と関係を持ちました。
Jメールで彼女のメールの内容がよくて、気になってしまったのです。
それから僕と彼女とのメールだけのやり取りがしばらく続いていきました。

彼女が僕のことを気に入ってくれたことが少しでもメールをしていく上で確認できたので、会ってみると素敵な女性で、ドキドキしてしまいました。
僕は公務員ですし、既婚者ですので、こうした関係をもつことを人には知られてはいけないのです。

当然僕は口が堅いですが、果たして彼女はどうなのか。
Continue reading